ご利用方法について

標準設定にない任意の個人情報を検査できますか?

はい。任意個人情報のパターン(正規表現、平文形式)の追加設定が可能です。

PDの操作ログはのこりますか?

はい。操作ログを記録します。

スケジュールを組んで実行させる機能はありますか?

はい。スケジュール実行の機能を有しています。

検査結果をファイルに保存し、閲覧することはできますか?

はい。可能です。

ファイルの暗号化や完全削除は複数のファイルを選択して実施できますか?

はい。連続したファイル指定は先頭のファイルをチェックした後、最後のファイルをシフトキーを押しながらチェックしますスペースキーを押すことで複数ファイルの選択をON/OFFできます。

管理者が任意に検査することはできますか?

はい。連続したファイル指定は先頭のファイルをチェックした後、最後のファイルをシフトキーを押しながらチェックしますスペースキーを押すことで複数ファイルの選択をON/OFFできます。

検出されたファイルの内容を確認することはできますか?

はい。ファイルを選択し右クックから「ファイルを開く」で内容を確認できます。

クライアント PC の検査にはどのくらいの時間がかかりますか?

PCの仕様、検査データ等の内容にも拠りますが、目安として1TBを概ね40分ほどとお考えください。

ネットワークが切断している場合の検査はどうなりますか?

検査をすることは可能ですが、検査結果が管理者に反映されるのは次にネットワークに接続した際となります。

安全性について

クラウドに検出されたファイルデータは保存されるのですか?

いいえ。ファイルデータは保存致しません。
クラウドに保存されるデータは検査結果の数値等です。

PCとクラウドの間の通信は安全ですか?

はい。通信路は暗号化されており、安全です。

利用しているクラウドに関して教えてください。

AWSクラウドサービスにおけるアジアパシフィック東京リージョンを使用しています。

検査能力について

複数回圧縮された圧縮ファイルは検査できますか?

はい。複数回圧縮されたファイルを検査できます。

住所はどの程度検出してくれますか?

日本全国の住所及び郵便番号を利用しています。

個人の氏名はどの程度検出してくれますか?

辞書として900以上の苗字を搭載しています。

メールはどこまで検査対象ですか?

メールは本文と添付両方を検査します。

パスワードロックがかかったファイルは検査できますか?

いいえ。検査できません。

フォルダ名にcache、tempが利用されていると検査対象とならない場合があります

仕様上、キャッシュファイルやテンポラリファイルを検査しないようになっています。

ネットワークドライブを検査対象にできますか?

いいえ。検査できません。

USBメモリや外付けハードディスクに対して検索することは可能ですか?

はい。可能です。